インプラントに関する情報が満載!

インプラント手術の方法について

事故で歯が欠けたり虫歯で歯を無くしてしまった人のために、インプラント手術と言う方法があります。
歯が無いことで見た目が気になられていたり、しっかりと話すこと・噛むことが出来ないといった日常に関する悩みを持たれている人は多いです。
インプラント手術を利用すれば、自然な人工歯を利用することが出来るようになります。
インプラントの方法でも歯茎を出来るだけ切らないフラップレス手術という方法が主流となってきています。
腫れも少なく、痛みを感じることはありません。
10年程経過しても機能性を落とすことなく使用する事が出来るため、地歯と同じように丁寧に手入れを行うことで長く持たせることが可能とデータで出ています。
骨が無くては行うことが難しい方法になりますが、骨再生療法を用いたり材料や方法を駆使したりすることで個別によって対応していただける場合もあります。
入院をすることもなく、当日に帰宅することが出来るため時間がない方にもおすすめな審美歯科での治療方法です。

インプラントの手術方法

歯を失った場合でも取り戻したかのような処置が受けられるのがインプラント手術です。
簡単に言うと顎の骨にボルトを埋め込んでそこに人工の歯を装着する方法です。
手術には大きく分けて1回法と2回法があり、その名の通り前者が1回で後者は2回で終わるので、前者の方が体にかかる負担が少ないという特徴があります。
ただ、骨との結合をじっくり待てないのである程度骨に強度と厚みがないと1回法はできません。
どちらの方法になるかは歯科医と相談になりますが、欧米人ほど骨の厚みがない日本人には2回法の方が適しているとも言われています。
どちらの方法でもそうですが、100%成功するとは限りませんし、仮に成功したとしてもそれが一生持つとも限りません。
メンテナンス次第ではもしかすると一生ものになる可能性もありますが、今のところ持って10年という歯科医もいます。
1本30万円とも言われる高額な治療となるので、受ける前は熟考することです。

recommend

手帳型ケース オリジナル

最終更新日:2017/9/8


ページトップ↑

『インプラント 手術』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/qxoz6m41/namae096.com/syujyutu.html on line 84