インプラントに関する情報が満載!

インプラントは咬合力がとても強いのがメリット

インプラントというのは、口の中に直接チタンでできたボルトを埋め込んで、その先に義歯をつける歯科治療の方法を言います。
一本あたりおよそ20万円という値段がかかりますから、一本歯が抜けたというような場合には使い勝手がいいですが、お年寄りのようにまとめて歯がなくなったという場合には少し選びにくい方法になります。
ただ、最近ではいくつかの義歯を連結させて、それを一本のボルトでしっかり固定する技術も開発されているので、総入れ歯をしている人でも手軽にインプラントができるようになっています。
インプラントの特徴は、チタンのボルトが顎の骨と一体化するという点にあります。
これの何がいいかというと、骨と一つになることで、とても強い咬合力が手に入るということなのです。
つまり、硬いものでも食べることができますし、りんごを丸かじりすることも可能になります。
いままでの入れ歯や差し歯などでは考えられなかったような咬合力が出せるのがメリットです。
見た目も大変に美しいので、義歯だと周囲にばれることもほとんどありません。
言わなければ分からない程度の差しかないので、本来の自分の歯と同様に扱っていくことができるでしょう。
値段が高いぶん、メリットも豊富です。

本物の歯と同じように食事ができるインプラント

インプラントとは、歯科医院で受けられる治療方法の一つで、虫歯や抜歯などで歯が無くなった部分に人工の歯を付けます。
保険が適用されないケースが多く、自由診療になります。
手術の必要な治療ですが、麻酔を使うので手術中は痛みは感じません。
もし周りの歯に虫歯や歯槽膿漏があったら、それらを治療してからインプラント治療に進みます。
治療では歯茎と骨に穴をあけ、そこへチタンの人工歯根を埋め込みます。
チタンなのでサビやくすみが付くことは無く、数十年の間付けることができます。
人工歯根の上には、人工の歯を付けます。
人口の歯はセラミックで出来ていて、硬く、色が他の自然の歯と同じ色合いなので見た目の違いがほとんどありません。
しっかりと歯茎に埋め込まれるので、食べ物を噛んだときに自然に食事ができます。
手術後は定期的に歯科医院に通って予後観察を受けます。
もし、将来ホワイトニングをする予定があれば、それを考慮してインプラントの人工歯の色を検討する必要があります。
ホワイトニングでは、自然の歯の色素を白くする治療を行うのですが、人工歯はホワイトニングの薬剤が効きません。
ホワイトニングで白くしたいレベルの色の人工歯を付けます。

注目サイト

圧倒的な通信コストの削減を実現いたします。

通信コストの削減

江東区で遺品整理に関するご相談ならお任せください。

江東区 遺品整理

Last update:2018/8/8


ページトップ↑

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>